第66回全日本吹奏楽コンクール高校前半鑑賞

去る10月21日(日)、全日本吹奏楽コンクール高校前半を鑑賞しました。

それにしても、チケットが取れません。私の周囲で当選した人はゼロ。出場校の割り当て分をいただけたので鑑賞できました。わが子は高校3年生。今年が最後になりそうです。

朝イチは本当に音が響かないのですね。音楽には門外漢の私にもはっきりわかる程度に響きませんでした。不利と言われるのももっともです。生徒が気の毒になりました。

そんなこんなでプログラムが進んで、7番目は東海大付属高輪台高校でした。昨年、大阪桐蔭とジョイントコンサートを行った縁のあるバンドです。元気いっぱいで気持ちのいいバンドです。実力も折り紙付きの名門です。楽しみにしていました。

ジョイントコンサートの演奏を見ると、両校の違いがよくわかります。この違いが課題曲にはっきり出ていると感じました。

大阪桐蔭の自由曲は、ディズニー映画「ファンタジア」でもおなじみの「魔法使いの弟子」 <中略> 山崎茜さん(3年)は 「会場から『ブラボー』の声もいただき 観客に魔法をかけられたと思う」 と笑顔だった

おまえ、ホンマに「観客に魔法」って言うたん? 「そんなクサいこと、恥ずかしくてよう言わんわ」って奴やん(笑) どうしたん? とイジリ倒してやろう(笑)と思っていたのですが、その言葉は記者の編集のようです。

「もっといいことたくさん言ったのに、使うのそこ!?」 「観客に魔法って、妖精みたいで恥ずかしい…」 と嘆いてました(爆笑)

それでも記事に登場させていただき、我が家の良い記念になりました。朝日新聞さん、ありがとうございます。

次の日曜日(10月28日)は、日本管楽合奏コンテストに挑みます。大阪桐蔭は全部員で舞台に上がります。大阪桐蔭吹奏楽部らしさを味わうなら、コンクールよりこちらでしょう。まだチケットは入手可能なようです。お近くの方は是非。

タイトルとURLをコピーしました