挫折

挫折 雑感

幼稚園

よく妻がうれしそうに言っていた。

「(幼稚園の教室で)先生が目の前にいるのにオルガンの音が聞こえてくるねん」

「なんでやろ?と思ってオルガンのほうを見ると、まさと(息子)が弾いてるねん」

「『先生に教えてもらったん?』って聞いたら、先生が弾いた音を覚えて、自分で探して弾いてるねんて」

「他のお母さんたちから『ピアノ習ってるんでしょ』と言われて、『習ってへんよ』って言ったら驚かれるねん」

小学生

「ぼく、いつからピアノ習うの?」と息子はよく言ってた。

正直なところ、習い事をさせるのはお金がキツかった。月謝はもちろんのこと、ましてやピアノを買うなんて。

2年生の夏頃、熱意に負けて習わせることにした。

あれから10年近く過ぎた。

先日、家族療法の研修で先生がおっしゃった。

「親なら、習い事させるのにカネがないなんて子どもに言うな」

「親なら、子どもにカネの心配をさせるな、悟られるな」

胸にグサリと突き刺さった。

あの頃の私は、よく息子を怒鳴っていた。

叱って育てる?

いや、そうではない。

今になってわかるのは、ふがいなかった子ども時代の自分を息子に投影して、忸怩たる思いを息子にぶつけていただけだった。

年齢と見かけは大人でも、中身は子どもの未熟すぎる親。申し訳なさと後悔は、一生抱え続けることになると思う。抱え続けるべきとも想っている。

中学生

地元の中学校は吹奏楽部が優秀なことで知られている。入学式で流れる音楽はすべて吹奏楽部の演奏だった。素人の耳でもすばらしいと感じた。

息子は当然、吹奏楽部に入部するものと思っていた。

入部届を提出する日の朝、白々しく聞いた。

私「何部にすんの?」

息子「陸上部」

私「はあ???」

私と妻は困惑。

理由を聞くと「『習い事と吹奏楽部を両立させるのは難しい』と顧問の先生に言われた」とのこと。

私と妻は説得する。

「とりあずやってみて、あかんかったらどうするか考えたらええやん」

割と簡単に説得成功。

親のファインプレー・・・だったはず。

パートはバストロンボーン。

「おこづかいなしでいいので楽器を買って下さい」

と頼まれたのは2年生の秋。

そこまで言われたら拒めません。分割で買いました。

3年生の夏。

同部初の全日本吹奏楽コンクール出場を決める。

舞台に上がれるのは100名近い部員のうち50名。今は知らないけど、あの年は3年生が優先的にメンバーに選ばれた。

本番前日に東京入りして、当日5時から練習する予定になってたそう。

息子は同部屋の同級生と一緒に寝坊。めちゃくちゃ怒られたらしいと後日聞いた。

コンクールは銀賞。賞の色なんてどうでもいい。いや、やっぱり金賞を期待してた。わずかに届かなかったそう。それでも、わが子が全国の舞台に上がるなんて、夢のようだった。

コンクールが終われば引退。そして受験。

息子「大阪桐蔭の吹奏楽部に行きたい」

私と妻「はあ??(私立は勘弁してよ)」

息子は学業成績が割と良くて、公立校なら学区の上位校へ行ける見込だった。しかし、彼の頭に他の選択肢はなかった。

私は腹をくくるしかなかった。

高校1年生

1年生とはいえ、中学では全国バンドのメンバー。父はコンクールメンバー入りを大いに期待。しかし、そうは甘くなかった。保護者会で顧問が言った。

「親の期待がプレッシャーになって鬱になる生徒がいる」
「あまりプレッシャーをかけないでほしい」

俺、そのままやん。息子のためじゃなくて自分のため。親の夢を託されてイヤやったやろな。

1年生の終わり頃、顧問から重大発表が。

「この夏、初の海外遠征を行います」
「ウィーンのオペラ座で公演します」

おい、そんな話、入学前にも入学時にも聞いてないで。

「日本の高校生がオペラ座で単独公演を行うのは初めてです」

いや、初めてとか、そういう話とちゃうねん…

もちろん、参加は強制ではなく任意。しかし、私が知った時点で、息子の頭は既にウィーンに飛んでいた。旅費は借金した。

高校2年生

ウィーン遠征は7月。現地で活躍する日本人音楽家がブログを書いてくれた。心にじわりときた。

大阪桐蔭はマーチングにも力を入れている。この年、コンクールは3出休み。ほぼ全部員がマーチングコンテストに出場。約180名のド迫力のマーチング。全国金賞獲得。

2年生の後半になると進学の話題が出てくる。息子は入学時から芸術系の大学を目指すと公言。同じ目標を持つ同級生が少なからずいて、一緒に夢を膨らませていたよう。

顧問は基本的に音大進学を勧めない。むしろ、やめる方向で説得する。就職が厳しいのが理由。ご本人が音大出身で苦労されたこともあるのだろう。

私は、仕事なんてどうにでもなる。行きたいところへ行けばいいという考え。だけど、押しつけになってはいけないと思って何も言わなかった。

息子は先生の説得にも関わらず、芸大を目指して個人レッスンを受け始めた。ところが、あるときからレッスンに行かなくなっていた。芸大の話をしなくなっていた。

何があったんやろ。

個人レッスンを受けないことは、芸大受験をやめることを意味する。家庭で進路の話は何となくタブーのようになった。

おそらく顧問と約束していたのだろうと後に気づいた。

2月のソロコンテストで、全国もしくは関西出場を果たせば芸大を目指す。ダメなら進路を変更する。直接聞いたわけじゃないけど、断片的に入ってきた情報から推測すると、そんなところだろうと思う。

ソロコン大阪大会は、金賞を獲得するも関西大会出場は叶わず。

おそらく、彼の人生で初めての挫折だったと思う。どんな思いだったのだろう。

高校3年生

吹奏楽部が「笑ってコラえて!」の「吹奏楽の旅」に取り上げてもらえることになった。コンクールを目指す日々の取り組みを取材されることになった。

息子は2年生の頃から毎日5時半に起きて朝練に参加している。当然、メンバー入りを目指しているものと思ってた。

ところが本人に聞くと、「コンクールには出ない」と言う。顧問と会ったときに聞くと「(メンバー選考の)オーディション出ろよと言ったら、『いいですわ』って言うんですよ」と言われた。

1年生ではメンバー入りならず。翌年は3出休み。今年こそは!と楽しみにしていた。

でも、仕方ない。本人の意志だから。

しかし、何で辞退するんやろ?

芸大を断念させられたから? なんて思ったりもしたけど、朝練(義務ではなく任意)は毎日行ってる。モチベーションが下がったわけではなさそう。

あれこれ聞いてみると、裏方仕事にやりがいを感じていたらしい。

顧問が入院するトラブルがありながらも全国大会出場を決める。

全国大会まで約2週間と迫ったある日、急遽メンバーの入れ替えが行われた。オーディションに出てないにも関わらず、息子がメンバー入りすることになった。

もちろん、うれしかった。

しかし、複雑な気持ちだった。息子と交代する子は相当ガッカリしているだろう。何より、親御さんが落胆しているだろうと想像すると、何とも言えない気持ちになった。

でも、やっぱりうれしかった。

彼が高校生活で残した結果は、マーチングとコンクールの全国大会出場、成績はオール5、3年間皆勤。大した奴だ。

卒業公演(定期演奏会)は泣いた。

卒業後しばらく、喪失感に包まれた。素晴らしい3年間だっただけに、頭が切り替わるまで時間がかかった。

過日、こんな文章に出会った。

メジャーリーグで活躍する

松坂やイチローの

両親のような

親になれるのは

ホンの一握りである。

たいていの親は

子どもが

才能や運の

限界を知って

挫折するのを

見ることになる。

多分それが

親の仕事なのだろう。

そして、

そこから始まる人生に、

また夢や希望を持つ力を

育てておいてやるもの

親の仕事だろう。

団士郎(2012)『家族の練習問題 喜怒哀楽を配合して共に生きる』 講談社+α文庫

彼が芸大をあきらめたであろうときの心に思いを馳せ、親の仕事をできたのか?と自問自答すると、こみ上げてくるものがある。

ずっと、息子との関わりを整理してみたいと思ってて、いざやろうと思うと臆病になって、あの文章に出会って「よし!やろう!」と思って、ようやく少し整理できた気がする。

タイトルとURLをコピーしました